よくある水のトラブルの症状と原因について

よくある水のトラブルの症状と原因について 戸建て住宅もマンション等の共同住宅でも築年数が経過すると、経年劣化や使用頻度から水道等の設備機器に様々な故障トラブルが発生します。水道や電気、ガス等の故障は、生活に支障を引き起こすため、早急の修繕が求められます。特に水のトラブルの中には、基本知識が備わっていると自分で簡単に修理できる場合があります。そもそも水のトラブルは、経年劣化が原因となって発生する場合が多いので、装着されている部品を交換したり清掃を行うことで復旧します。また、重要なことは発生した水のトラブルの症状を的確に捉えて原因を探り、確実な修理を施すことです。したがって、水道関連設備の基本的知識を身に付けておくと、故障トラブルの際に短時間で原因を見つけることができ、対処法が描けます。

■トイレに関する主な水のトラブルの症状と原因について

トラブルの多くは、タンクに水が貯まりにくいといったことや配管のつなぎ目からの漏水、水が流れず詰まり気味になるといったことなどです。まず、タンクに水が貯まりにくい症状の場合、予想される原因は、元栓が何らかの影響によって締まり気味となってしまい、給水に支障をきたしていることが考えられます。
次に、配管のつなぎ目から漏水している場合の原因ですが、つなぎ目に装着されているゴム製パッキンの経年劣化による消耗が原因であることがほとんどです。パッキンが破損しているので交換を行うだけで修理は完了となります。
最後に、トイレの水が流れない状態の原因は、ティッシュペーパーなど流せない物を流してしまい、詰まりを引き起していることです。いずれにしてもトイレの水のトラブルは、早期発見、早期修繕が必要です。

■キッチンの蛇口に関する水のトラブルの症状と原因について
最近のキッチンには、レバーハンドル式の混合栓タイプが設置されています。この蛇口がしっかり止水できなくなり、少量の水が漏れる場合が多くあります。その原因は、蛇口レバーの下部に装着されている内部カートリッジの劣化です。カートリッジの役目は水量や温度の調節であり、重要なパーツとなっています。そのため、内部カートリッジ自体の交換が必要となります。
その他に多いトラブルは、シンク下に配置されている配管パイプからの漏水です。配管つなぎ目から漏水している場合の原因は、パッキン消耗及びボルトの緩みが考えられますが、配管パイプの内部にトラブルが予測される場合は、専門家による診断が必要となります。

■浴室に関する水のトラブルの症状と原因について

浴室の洗い場カランやシャワーヘッドから滴る水漏れの原因は、概ねパッキンの消耗と考えられます。パッキンを交換しても改善しない場合は、カランやシャワーヘッド本体の老朽化が疑われるので、費用は高額となる可能性があるものの、交換をおすすめします。
他にトラブルとなりやすい箇所は、バスタブ排水栓と洗い場の排水口です。症状としては水が流れにくくなり、最悪の時には詰まってしまいます。考えられる原因は、髪の毛等の付着が排水を妨げていることです。浴室のトラブルは、日頃のお風呂掃除の際気付くものですが、ついつい先送りしているとトラブルが大きくなってしまうので注意しましょう。特に、使用後の水捌けが悪く湿気が充満している浴室は、カビの発生率が高くなり、配管やパッキンに悪影響を及ぼす可能性があります。

■まとめ
水道設備機器に関する主な症状とその原因を振り返ってみましたが、あくまでも一般的な事例であり、トラブルの種類は幅広く、突然発生します。トラブルが発生しても慌てることなく、応急措置を施し冷静に症状を分析しましょう。直ちにトラブルの原因を究明して、善後策を勘案し、自分で対応すべきか水廻りの専門業者に依頼するのかを判断します。大切なことは、確実に修復し、再発させないフォローアップがポイントとなります。加えて、トラブル発生箇所以外の部分も総点検しておくと、トラブルの連続発生を未然に防止することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース